血液ドロドロは遺伝的要素と環境的要素と両方が考えられます

血液ドロドロは遺伝的要素と環境的要素と両方が考えられます

 

血液ドロドロは医学用語ではありません
血液ドロドロという言い方は一般に広まっていますが、これはスリットの隙間を一定量の血液が通過する時間をはかる映像から視覚的に現れた言葉です。その後、繰り返しメディアで使われるようになった言葉です。医学用語で言うと、コレステロールや脂肪、糖分の過剰摂取により血液の粘度が高くなっている状態を指します。

 

 

血液ドロドロの原因の一つに遺伝
血液ドロドロになると、高脂血症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の原因となります。また、血液ドロドロの状態は、遺伝的要素と環境的要素と両方が考えられます。遺伝だから仕方がないではなく、生活習慣を見直して健康管理を行うことが大切です。

 

 

血液ドロドロをサラサラに変える健康習慣方法
血液ドロドロの状態は、血中のコレステロール値が高くなることや体の水分量が不足することによっておこります。これをサラサラの状態にするには、コレステロール値を下げることや水分をこまめに摂ることが必要です。

 

 

血液ドロドロの色は
血液ドロドロの原因は、悪玉コレステロールや中性脂肪が濁ってしまう事が原因です。この様な状態の血液は、黒に近い暗い色をしており危険信号を出している状態です。血液ドロドロの状態を改善するには、たまねぎを生で食べると効果的だと言われています。

 

 

濃い血液、血液ドロドロを改善
血液ドロドロは動脈硬化の原因になり、濃い血液のため心筋梗塞、脳梗塞を発症しやすくなります。 これを防ぐためには、野菜や果物の摂取と、塩分を控えた食事を心がけましょう。 また過剰なアルコール、油の取りすぎにも注意が必要です。