大量のステロイドを投与の副作用で血糖値が上昇し糖尿病になってしまう

大量のステロイドを投与の副作用で血糖値が上昇し糖尿病になってしまう

 

ステロイド剤の副作用機序によって糖尿病が悪化することがあります
様々な病気の治療で使用されるステロイドには一定の副作用があることが指摘されています。例えば糖尿病の場合にはステロイド剤の副作用機序によって、血糖値が上昇し、症状が悪化することがあり注意が必要となるのです

 

 

糖尿病になることもあるステロイド点滴の副作用
ステロイド点滴の副作用はいろいろありますが、その一つに糖尿病があります。ステロイドを大量に投与すると、血糖値が上がりやすくなるため、糖尿病になってしまうことがあります。ですので、ステロイドの投与量には注意が必要です。

 

 

ステロイドパルス療法
病気の炎症が非常に強く早急に炎症を抑える治療が必要な場合、ステロイドパルス療法が行われます。 ステロイドパルスの副作用は、大量のステロイドを投与することで血糖値が上昇し、糖尿病になってしまうことがあります。

 

 

糖尿病で使用する副腎皮質ステロイドの副作用について
糖尿病治療で使用される、副腎皮質ステロイドの副作用について説明します。 糖を合成する働きが高まることになるので、当然、血糖の上昇につながります。ステロイド剤の投与量が多いのであれば、血糖も比例するように上がります。そのような場合は、食事療法で予防をすることが必要になります。

 

 

糖尿病ステロイド剤の副作用で突発性難聴
糖尿病はとても怖い病気です。ステロイド剤の副作用として突発性難聴になる場合もあるので、医師に従って普段から十分に注意をしていくようにして、規則正しい食生活や適度な運動療法を取り入れていく必要があります。,