先天性糖尿病は受け継ぐ優性遺伝ではない?

先天性糖尿病は受け継ぐ優性遺伝ではない?

 

糖尿病と遺伝と年齢の関係
糖尿病は遺伝的要因が大きいといわれていますが、実際は遺伝するわけではなく、この病いになりやすい体質・環境が関係していると考えられます。年齢も関係しているといわれ、40歳以上の太りすぎ体型はこの病いになる可能性が高いです。
荒木式糖尿病食事法30歳〜49歳の5の口コミとは?

 

 

一卵性双生児のどちらか一方が発症したら
糖尿病は、大きく分けると、1型と2型に分けられます。 1型糖尿病は、遺伝以外の要因が大きく関わっています。 2型糖尿病は、一卵性双生児のどちらか一方が発症したときに、もう一方は約80パーセントの発症といわれています。

 

 

先天性糖尿病は受け継ぐ優性遺伝ではない
糖尿病にはいくつかのタイプがありますが、先天性糖尿病はほとんどの場合、20歳までで発症し、インスリン依存型糖尿病とも呼ばれています。 原因は特定されてはいませんが、両親から病気と受け継ぐ優性遺伝ではないということは分かっています。

 

 

若年性糖尿病と遺伝について
皆さんは、若年性糖尿病という病気をご存じですか。若年性糖尿病は10歳から18歳の間に発症する1型糖尿病のことを言います。この若年性糖尿病は自己免疫疾患の一つです。病気そのものが遺伝するというよりも、病気になりやすい体質が遺伝すると言われています。

 

 

遺伝性の糖尿病は20代までに発症することが多いのです
糖尿病の中には遺伝性のタイプもあります。こうしたタイプの場合には、比較的若い20代頃までに発症することが多いのです。染色体の変異が大きく関わっており、同一家系に同じ病気を持つ家族がいる場合がほとんどです。

 

遺伝性の糖尿病になった方が↓の食事療法で
薬の量が減った事例です。

 

1型糖尿病患者の方にも有効です。
遺伝の糖尿病になり荒木式糖尿病食事法で改善した体験談の画像