糖尿病患者のインスリン注射の回数や量やタイミング

糖尿病患者のインスリン注射の回数や量やタイミング

 

糖尿病のインスリン注射の頻度について
糖尿病のインスリン注射の頻度は、患者によって異なります。患者の病態や生活習慣や食生活など総合的に判断して、医師が投与の回数や量を決めています。自分の生活に合わせて、この注射を行うことが大切なのです。

 

 

糖尿病におけるインスリン注射のタイミングについて
一型糖尿病の人はインスリンが不足して血糖値の調整が行えないため、インスリン注射でインスリンを補う必要があります。血糖値は食後に上昇しますので、この注射のタイミングは、食前15分くらいに行います。

 

 

糖尿病患者のインスリン注射の回数
糖尿病患者さんのインスリン注射の投与回数や量は、患者さん一人一人の病態や生活スタイルに合わせて最適な方法を選択して決定されます。そのため、投与回数が多い、少ないは、他の患者さんと比べられるものではありません。

 

 

糖尿病におけるインスリン注射1日4回
糖尿病のインスリン注射における強化インスリン療法では、原則として、インスリン頻回注射が選択されます。この注射は、1日4回(朝昼夕と寝る前)行うのが一般的で、並行して1日1-7回程度の血糖値の自己測定を行います。

 

 

糖尿病治療はインスリン注射を一生続けなければならないのか
糖尿病の治療方法と言えば、インスリン注射を一生続けなければならないと考えている方が多いです。しかし、この注射を続けて膵臓の働きが回復すれば、この注射の回数を減らしたり、飲み薬だけで治療できたりする場合もあるのです。