インスリン注射を打つ部位はお腹、腕、太もも?

インスリン注射を打つ部位はお腹、腕、太もも?

 

インスリン注射による治療方法について
日本はもちろん世界中で糖尿病を患う人が増加しています。 糖尿病治療は食事療法や運動そして薬物治療になります。 薬物治療は飲み薬とインスリン注射による治療方法で、この注射は皮膚の1番薄い所と筋肉の間に打ちます。

 

 

インスリン注射の打ち方について
糖尿病治療方法の一つであるインスリン注射の打ち方は、皮下注射という方法で、皮膚の一番薄いところと筋肉の間に打ちます。 吸収が早く温度差が少なく運動による影響を受けにくい場所のお腹が注射に最も適してると言われています。

 

 

担当医が教える正しいインスリン注射の指導
乱れた生活習慣を放置していると、やがて糖尿病になります。糖尿病になると服薬治療となりますが、症状が悪化するとインスリン注射を行います。担当医の指示のもとこの注射の指導を受け、毎日確実に行う事が大切です。

 

 

インスリン注射を打つ場所は
糖尿病が悪化すると、インスリン注射を打つ必要があります。日常生活を送るためには必要不可欠であるため、毎日必ず注射を行います。この注射を打つ場所は下腹部です。一部の皮膚を少しだけつまんで注射します。

 

 

インスリン注射を打つ時に部位には気をつけましょう
糖尿病患者さんで血糖のコントロールが出来ない人はでインスリン注射を打たなくてはいけません。打つ部位はお腹、腕、太ももですがその人によって合う部位がありますので医師と相談した方がいいです。毎回同じ場所でなく、2,3センチずらして打ちましょう。皮膚が硬くなったり、腫れたりするので少しずつずらすように気をつけてください。