糖尿病患者にインスリン注射をする目的

糖尿病患者にインスリン注射をする目的

 

基準コントロールとインスリン注射
健康な人なら血液中に少量のインスリンが常に分泌されています。食後に血糖値が上昇した場合に大量のインスリンが分泌されるのです。インスリンが分泌されることで血液中のブドウ糖を一定に保ち、血糖値の調整を行っています。糖尿病になるとインスリンが非常に不足し血糖値の基準がコントロール出来ません。糖尿病の人がインスリン注射を行うと健康な人と同じ血糖値に近づけることが出来るので健康でいることが一番大事となります。

 

 

糖尿病患者にインスリン注射をする目的
糖尿病になると、健康な人であれば常に血液中のブドウ糖を一定に保つために分泌しているインスリンが、不足または全く分泌されなくなってしまいます。 そこで、血液中のブドウ糖の量を一定に調節するという目的のために、インスリン注射を行い、体の外からインスリンを入れて補助することが行われます。 これをインスリン療法と呼びます。

 

 

糖尿病のインスリン注射はいつから始めるのか
糖尿病の初期の治療方法としてインスリン注射は用いられ、インスリン注射をする事で血糖値をコントロール出来るのですが、いつから始めるのかといった時期については、患者さんの生活習慣などに合わせて医師が判断します。

 

 

注射をする理由は
糖尿病は国民病の一つです。 糖尿病でインスリン注射をする理由は血糖値を調整するためです。 しかし毎日欠かさずに行わなければなりません。 そのような生活を送らないために、食事や運動など日常生活を気をつけましょう。

 

 

糖尿病の初期段階でのインスリン注射について
糖尿病の初期段階でのインスリン注射は、寝る前に少量を投与するだけで構いません。こうすることで朝食前の血糖値を下げることができ、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。ただしこれは糖尿病におけるインスリン注射治療の初期段階のやり方であることから、症状が重くなった場合はインスリンの量を増やすことが必要です。