血糖値をコントロールする基準と目標

血糖値をコントロールする基準と目標

 

血糖値をコントロールする食事について
糖尿病などで気にしなければならないのは、血糖値を急な上昇です。そのためにもこの値をコントロールしなけらばなりません。食事でコントロールできます。食物繊維をたっぷり取れる食事をすることで脂肪や糖分を食物繊維が吸収してくれるので体に良いのです。

 

 

目標を定めたリスク管理
あなたは糖尿病に関していかなる見聞をお持ちでしょうか。主にこれから私がお話させていただくことを考えていただければ、非常に健康で有意義な生活を送れるでしょう。私が話したい内容は2つあります。
第1に血糖値をコントロールすることの有効性です。
第2に目標を定めた上でのリスク管理が有効であるという点です。

 

 

血糖値をコントロールしながら空腹になった時できる2つの方法
血糖値をコントロールしながら生活する必要がある人は、空腹時の時に何も気にせず好きな物を好きなだけ食べるという事ができませんが、方法はあります。 その方法は以下の通りです。
1、黒糖を舐めると糖の吸収を穏やかにします。
2、糖分や栄養素が多く含まれているチョコレートを食べます。

 

 

血糖値をコントロールする基準
この値をコントロールする基準としては、空腹時血糖で70から109mg/dl、食後二時間の血糖で140mg/dl未満とされています。健康な方であっても、1日の中で血糖値は変化しています。また、食前と食後では大きく違ってきます。

 

 

検査値を指標にして血糖値をコントロールする方法
この値をコントロールすることは糖尿病を患う人にとって、命を守る事と同じです。その時に指標となるのが合併症を防ぐために学会で決められた基準値なのです。 項目はグリコアルブミンとHbA1cです。両方共に過去の血液中の血糖値を反映する物質です。