最新から2014、3、2年の血糖値の正常値の違い

最新から2014、3、2年の血糖値の正常値の違い

 

糖尿病学会の2015年血糖値基準について
糖尿病学会の新基準ではより糖尿病に該当し易いと考えられる人に対してその認識を促す目的で、血糖値の正常値基準が改訂されています。 最新2015年の基準としては特に継続的な血糖値を示す指標となるHbAc1を重視しており、国際標準値である6.5%を基準として予備軍等の判断を行っています。

 

 

2014の血糖値の正常値とは
2014の血糖値の正常値とは、日本糖尿病学会の規定によれば空腹時血糖値が100mg/dl未満ということになります。また1-2か月の平均血糖値を表すヘモグロビンA1cについての規程では、6.2%未満を正常値としています。

 

 

2013年の血糖値の正常値とはどれくらいか
2013の血糖値の正常値とは空腹時の血糖値が130mg/dL未満、食後2時間後の血糖値を180mg/dL未満を目安にするとされています。熊本県で開かれた日本糖尿病学会で新熊本宣言2013として発表されました。

 

 

2012の血糖値の正常値とはどれぐらいなのか
健康維持のためには血糖値はしっかり管理しておきたいですが、まずは基準値を知っておきましょう。2012の血糖値の正常値とは、まず空腹時の血糖値が100mg/dl未満であること、食後2時間で140mg/dl未満であること、ヘモグロビンA1cの基準値は国際基準に移行したため、以前の6.1パーセント以上から6.5パーセント以上に変化しています。

 

 

国際基準の血糖値の正常値
糖尿病の患者にとっては血糖値を上げない食生活が重要になってきます。 血糖値は血液内のブドウ糖の濃度のことです。 国際基準の血糖値の正常値はどれくらいなのかというと正常値は4.7〜6.2%、6.5%以上で糖尿病と診断されます。