血糖値の年齢別の正常値

血糖値の年齢別の正常値

ページ内更新情報 

20代の血糖値の正常値とは
以降を更新しました。 

血糖値の正常値の新生児(生後4週間)について
この値の新生児(生後4週間)について、あまり低い場合は注意して病院に連れて行ってください。

 

血糖値の正常値新生児の画像
乳児(生後1年から1年半)の血糖値の目安
血糖値とは血液内のブドウ糖の濃度を示します。 この値は、大人なら100mg/dl未満であり、 乳児(生後1年から1年半)の場合は、80〜100mg/dlの間だとされています。 この値から40mg/dl以上下がると低血糖の恐れがあります。

 

 

幼児(満1歳から満6歳)の血糖値の正常値について
この値は年齢や健康状態によって異なりますが、医学的に健康とされる正常値が定められています。幼児(満1歳から満6歳)のこの値は空腹時で血液100ミリグラムに対して、70から100ミリグラムとされています。また、幼児は成長の途中であるため、成人と比較してこの値が変動しやすい点を注意する必要があります。

 

 

子供(小児)の血糖値の正常値について
子供(小児)は成長の途中段階であるため、成人と比べてこの値が安定しない特徴があります。そのため、この値は厳密に定義することができませんが、数値が極端に上下する場合は病気の可能性があるため速やかに治療を受けることが大切です。

 

 

10代の血糖値の正常値について
この値は食事や運動などによって変動しますが、通常は一定の値で安定しています。10代のこの値は血液1デシリットルにつき約87ミリグラムとされています。この値が正常値より極端に離れている場合は病気の可能性があるため、速やかに検査を受ける必要があります。

 

20代の血糖値の正常値とは
成人の20代のこの値は空腹時においては100未満、食後においては140未満、ヘモグロビンA1Cは6.2パーセント未満が適切とされています。 この3つの値がすべて正常であることが必要とされています。

 

30代の血糖値の正常値の画像
閾値から見る30代の血糖値の正常値とは
30代のこの値は食事後3時間以降にこの値を測定した場合に、値が110mg/dl未満である事を主要な基準とします。 統計的には10人に9人までは閾値以内に納まっており、平均的には100mg/dlを切る程度の値となります。裏を返せば30代で閾値を超える場合は、何らかの病気や遺伝の影響を強く疑い易くなります。

 

 

40代の血糖値の正常値とは
この値は血液中のブドウ糖の量を表す数値で、空腹時の測定値が70から109mg/dlの範囲にあれば正常と言えます。一般的に、食後には上昇し、また、加齢とともに上昇します。例えば、40代のこの値は、およそ95から99mg/dlの範囲です。 この数値が範囲を超えると糖尿病の可能性があります。

 

 

50代の血糖値から見る健康管理
50代のこの値は空腹時に、男性の場合は101、女性の場合は94とされています。 50代に入ると仕事のストレスなどがピークになり、健康の管理が杜撰になって血糖値が上がっていく傾向があるので、食生活や日常的な運動を見直す必要があります。

 

 

60代の血糖値の正常値とは
60代のこの値は空腹時の血糖値は100未満、食後のこの値は140未満、ヘモグロビンA1cは、6.2パーセント未満が理想とされています。 しかし、60代では弾性で68パーセント、女性で66パーセントの割合の方が正常値であるという結果となっています。