血糖値の正常値・ヒトと動物の違いとは

血糖値の正常値・ヒトと動物の違いとは

 

ヒトの血糖値の正常値
血糖とは、血液中のブドウ糖のことです。血糖の増減が正常とは異なると、糖尿病や低血糖など、体に悪影響を及ぼします。 ヒトの血糖値の正常値は、空腹時で70〜109mg/dl、食後2時間血糖で140mg/dlです。

 

 

把握しておきたい各動物の血糖値の正常値や正常範囲
動物の血糖値の正常値は、それぞれに違いが見られます。動物の血糖値の正常な値または正常範囲の違いを認識しておくことにより、それらの動物の健康維持に繋がったり、異常が見られた際の適切な処置が可能となるのです。

 

 

ラット、マウスの血糖値の正常値について
人間の血糖値の正常値は、100前後と言われています。ラット、マウスの血糖値の正常な値も人間と同様に100前後です。そのため、医薬品や健康食品などの臨床実験にラットやマウスを、使い研究を行い人への影響を見ることができるのです。

 

 

犬にも糖尿病の危険があります
犬の血糖値の正常値をご存知ですか。空腹時で60〜100mg/100mlです。病院で調べることとなるとは思われますが、150以上が続くと糖尿病の危険性があります。水をたくさん飲ませるなどヒトと同じくその予防と対策を必要とします。

 

 

猫の血糖値の正常値は?
猫のこの値が高い,というだけでは糖尿病と,すぐには,決められません。 なぜかといえば興奮するだけで,猫は,この値が上がってしまうからです。 では猫のこの値の正常な値は,どのくらいなのでしょうか。一般的には50〜150mg/dlと言われています。 ですから,単にこの値が高いからと言ってむやみにインシュリン注射をしてしまうと,程度にもよりますが、危険な状態になることもあります。