ローカーボでの米などの炭水化物の注意点とは?

落とし穴!ローカーボ=玄米ではありません

 

ローカーボでの米の注意点は
これで友人に差をつける!ちょっとしたコツで−5kgを目指す!ダイエットでは、ちょっとしたコツで大きな差がつくのも事実です。例えば、ローカーボでの米の注意点は炭水化物だということです。摂りすぎると糖質オーバーになってしまうので注意が必要です。ご飯1杯(160g)およそ269kcalですから、量をコントロールするだけで大きな差が生まれます。

 

 

落とし穴!ローカーボ=玄米ではありません
糖分を制限することでダイエット効果につながるという「ローカーボ」は最近よく話題になっています。米や小麦、いもを制限するかわりに玄米などの未精製穀物を摂取することが好ましいとされていますが、一方で注意点もあります。この食事療法での玄米の注意点は、ひとことで言うと「摂りすぎにに注意」。玄米には発芽毒(アブシジン酸)が含まれており、過剰に摂取することで代謝に悪影響を及ぼす危険性があるので注意が必要です。

 

 

カレーはカロリーが高い?それはアレの使いすぎが原因かも!
カロリーの高いカレーでも、ローカーボの考えを取り入れることでヘルシーに美味しく食べることができます。そんなローカーボカレーの注意点は、具材の量を調節することです。例えば玉ねぎなどの食材には糖分が多く含まれていることから、それらの使い過ぎを防ぐことで低カロリーに変えることができるのです。

 

 

あなたの朝食は大丈夫?ローカーボ朝食メニュー
ローカーボでの朝ごはんの注意点は、パンやごはんを抜いた食事にするのではなく、量を減らしたり、野菜を多くとることを心掛けることです。朝食にフルーツやはちみつをとる人もいますが、糖質の摂取になるので減らした方がいいです。

 

食事制限のしすぎは体に毒!?ローカーボでランチにご褒美を!
ローカーボでの昼食の注意点は、無理な制限をしすぎないことです。例えば朝と夜に糖質制限をしているのであれば、昼食はランチなどで好きな物を食べるということです。そうした適度な制限の中で楽しみながら美味しく食べることこそが、ローカーボでの食事の定義と言えます。