糖尿病の36の初期症状は尿の変化などです

糖尿病の36の初期症状は尿の変化などです

 

気になる糖尿病の初期症状とは
糖尿病の初期症状とはどのような症状かと言いますと、のどの渇きや尿の量が多くなったり、回数が増えます。 さらに目のかすみや全身のだるさと言った疲れによく似た症状です。 また、食事をしっかりとしているのにも関わらず体重が急激に減る事もあります。

 

 

糖尿病の36の初期症状

のどの渇き
尿の量が多くなる、尿の回数が増える
尿に泡が立つ
尿が甘い匂いであったり米のような匂い
トイレの便座がベタつく
目のかすみ
全身のだるさ
疲れ易い、疲労感

詳細はこのページ↓です

体がむくむ(足などに現れます)
湿疹
皮膚の痒み
陰部のひどいかゆみ
おでき
発汗異常 

詳細はこちら

食事をしてるのに体重が急激に減る、体重減少
強い空腹感
体重増加
異常な口の渇き

詳細はこちら

風邪のような症状
低血糖になるとあくびがよく出る
低血糖になると物事を考える時に上手くまとまらなくなる空腹時でも血糖値が高い
尿にたんぱく質の量が異常に多い
手足の痛みやしびれなどの神経障害
ドロドロ血 

詳細はこちら

急に視力が低下する
飛蚊症
まぶしい
かすんだりする 

詳細は↓

足がしびれる
足がつりやすい
足の皮膚が乾燥しやすい
巻き爪になりやすい
足の指にまで中心となる
足が壊死してしまう
ふくらはぎがこむら返りを起こす 

詳細はこちら

 

糖尿病の初期症状に汗の画像

 

 

自覚のある糖尿病の初期症状とは
自覚のある糖尿病の初期症状と言えば、「尿に泡が立つ」「トイレの便座がベタつく」「尿量が増え、トイレの回数が増える」など、尿の異常に関するものが多くあります。日頃からトイレに行く際には、健康状態のバロメータとして尿の状態をチェックしておきましょう。

 

 

糖尿病の初期症状等と低血糖について
糖尿病とは、血糖値が異常に高くなる事で様々な症状が現われる病気です。この病気の初期症状としては、異様に喉が渇く、頻繁に多量の尿が出る等があります。ただ、血糖値が高いからといって極端に食事量を減らしたりすると、今後は低血糖になる恐れがあるので注意が必要です。

 

 

糖尿病の初期症状や原因について述べます
糖尿病は、1型の場合、遺伝や生活環境が原因と言われていますが、詳細についてはまだはっきりとしていません。2型の場合には、肥満や遺伝、生活環境が原因とされています。  この病気の初期症状としては、のどが渇く、おトイレの回数が多くなってきた、疲れ易いなどが挙げられます。

 

 

糖尿病の初期症状がわかる尿検査
尿検査でのこの病気の初期症状の特徴は、まずその匂いにあらわれます。甘いにおいであったり米のようなにおいがします。また尿が泡立ちしやすくなり、その泡が時間がたってもなかなか消えないのがこの病気の尿の特徴です。

 

 

以下の糖尿病の初期症状を説明してます
急に視力が低下する
飛蚊症
まぶしい
かすんだりする

 

 

糖尿病の初期症状は目に出る画像
糖尿病の初期症状は目に出る?
この病気になると失明することはよく知られています。 しかしながら、初期症状が目に出ることはありません。 そもそも、目がなぜ失明をするのかというと、この病気は血行障害を起こして網膜の血管にダメージを与えることが原因です。ダメージは少しずつ蓄積されるのですが、ものを見る機能に影響が出るまでには自覚症状を感じることが出来ません。それゆえに、目に異常を感じたときには、すでにこの病気は重篤な状態なのです。手遅れにならないためにも、目に異常がなくても定期的に検査をするのが理想です。

 

 

糖尿病の初期症状は神経障害や網膜症の合併症も引き起こす
この病気の初期症状は病気の進行とともに変わっていき、発見がおくれると合併症も引き起こします。 合併症はいくつかありますが神経障害や網膜症等があります。 神経障害は立ちくらみを頻繁に感じたり排尿障害を発症するだけでなく、体の一部をどこかにぶつけたり転んだ時に傷ができている事に気がつかないので、炎症を起こして悪化する事があります。 網膜症の初期症状は少ないですが、急に視力が低下したり飛蚊症を発症する事があります。

 

 

糖尿病の初期症状における視力の低下
この病気の初期症状としては、まず、ほんの初期においては、まぶしかったり、かすんだりします。ある程度、進行すると、眼の中の凸レンズである水晶体が変形、混濁したり、網膜の細い血管がもろくなって出血するなどするため、視力が低下することがあります。これはこの病気による眼の合併症の一つで、糖尿病白内障といいます。

 

 

糖尿病の初期症状と失明
糖尿病とはとても怖い病気です。酷くなると、最悪の場合、手足の切断や、失明といったことが起こります。 そのため、糖尿病の初期症状が出た段階で、専門医の治療を受けることが重要になってくるのです。 例えば、喉の渇き、極端に体重が落ちた、尿の量が多い、といったことが見られるなら、この病気かもしれないと疑うべきでしょう。

 

 

1型糖尿病の方にも効果のある食事療法は↓です。

関連ページ

初期症状と皮膚の痒み
糖尿病の初期症状と皮膚の痒み、湿疹、汗をかく、むくみ、目に見える症状の為に自覚もしやすい、暑くもないのに顔や首等に汗をかいてしまう症状、リンパ腺の働きが鈍くなり、体内の老廃物が正しく体外へ排出されなくなります、を解説してます。
初期症状に体重減少増加
糖尿病の初期症状等に強い空腹感、体重減少、異常な口の渇き等が有名、痩せる場合、体重増加が現れる要因、改善する食事の仕方、悪化すると様々な合併症が起きる可能性、血液中のブドウ糖が増えてしまい、血流が悪くなります、を解説してます。
初期症状での足の7症状
糖尿病の初期症状に足がしびれる、足の指に末しょう神経障害、足がつる、足の壊死、ふくらはぎがこむら返りを起こす、合併症の一つである糖尿病神経障害、自律神経障害の症状、殺菌に感染し細胞が壊死するを解説してます。