低血糖の3大慢性合併症とは?

低血糖の3大慢性合併症とは?

低血糖3大症状について
低血糖とは、糖尿病の人で、経口糖尿病やインスリン注射などの治療行為によって、過剰に血糖が低下した場合ののことを言います。糖尿病になっても、血糖などのコントロールができていれば、健康な人と変わらない生活ができます。しかし、血糖の高い状態が続くと糖尿病や、更に慢性合併症にかかる恐れもあります。この合併症には3大症状があり、特徴的なものとしては、糖尿病網膜症、糖尿病腎病、糖尿病神経障害が挙げられます。

 

 

低血糖の初期症状について
低血糖とは、血液中のブドウ糖が少なくなった状態の事です。 初期症状は冷や汗や、空腹感、イライラなどが起こります。 しかし、低血糖は急速に症状が進むため症状が起こった場合には甘い物や砂糖を摂取するなどの対処が必要です。

 

 

低血糖の原因や症状について
低血糖は、インスリンを投与している糖尿病患者が食事を摂取しなかったり激しい運動をしたりインスリンを投与する量が多かったりすることが原因でおこります。症状としては、空腹感、あくび、体のだるさ、動悸、発汗などがあります。症状がひどくなると意識がなくなり昏睡状態に陥ることもあるので注意が必要です。

 

 

低血糖に陥ったときの自覚症状
インスリンを投与している糖尿病患者は低血糖に注意する必要があります。インスリンの量が多かったり食事を摂取しなかったり激しい運動をしたりすると血糖値が急激に下がってしまうことがあります。低血糖の自覚症状としては、最初は空腹感やあくびやだるさなどの症状があります。徐々に症状が進むと意識を失い昏睡状態になることもあります。

 

 

低血糖の合併症について
糖尿病にかかっている人では、まず、合併症について理解しなければなりません。なぜならば、低血糖になるなど血糖値のコントロールが悪いと「目が見えなくなる」などの症状がでる人が多いからです。糖尿病による合併症には、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害があります。これらは、糖尿病の3大合併症と呼ばれています。