低血糖のサインは冷や汗、脇汗、寝汗などがあります

低血糖のサインは冷や汗、脇汗、寝汗などがあります

 

低血糖初期の段階での冷や汗
糖尿病の治療で服用する血糖値をコントロールする内服薬やインスリン療法を行う際に注意すべきことに低血糖があります。この疾患は、血液中のブドウ糖濃度が低い(一般的には60mg/dl未満)状態を指します。投薬後に食事が遅れたりまた食事が少なかったり、激しい運動が原因となります。低血糖初期の段階では冷や汗や不快感などの症状が見られ、さらに危険な値まで低血糖が進むと昏睡状態になり大変危険です。

 

 

冷や汗や震えは低血糖のサイン
糖尿病の薬物療法では低血糖にも注意しなければなりません。この疾患は血液中のブドウ糖が70mg/dlを下回った状態をいい、食事量が少ない、薬の飲み過ぎ、運動量過多といった事が原因で起こります。 血糖値が50mg/dlを下回ると、冷や汗や震えなどの神経症状が出てきます。 このような症状が出てきた場合にはすぐにブドウ糖を摂取し、安静にして下さい。

 

 

動悸や発汗、震えなどの症状
動悸や発汗、震えなどの症状は急激に血糖値が下がった時の症状の代表例です。徐々に下がった場合は意識障害などの症状が出ます。低血糖となった場合の対策としては、砂糖などの糖分と炭水化物を摂取します。意識がない場合は病院で点滴を受けることになります。

 

 

低血糖になると脇汗などが出やすい
空腹による低血糖になると、肝臓にたまった脂肪を燃やします。そのため、冷や汗や脇汗などが出やすくなります。このような症状が度々出る場合は、低血糖症であることが考えられます。バランスの良い食事で、コントロールすることが大切です。

 

 

夜間低血糖になると寝汗がでることがあります
寝ている間にインスリンが過剰に分泌されて血糖値が下がる夜間低血糖になると、血糖を上げようとしてアドレナリンやコルチゾールなどのホルモンが一斉に分泌され、交感神経が興奮して寝汗や悪夢などの症状が出ることがあります。