下痢によって低血糖を引き起こされる可能もあります

下痢によって低血糖を引き起こされる可能もあります

下痢によって低血糖が引き起こされます
低血糖とは体に糖が足りないという状態のことを指し、血液中のブドウ糖が足りなくなったということでもあります。また、下痢によって低血糖を引き起こされる可能もあると言えます。日常生活で何か異変を感じた際には、すぐに病院へ行きましょう。

 

 

低血糖症により引き起こされる頭痛や腹痛
低血糖とは血糖値が低くなった状態を言います。この疾患になると体の力が抜けて手足が震えたり、またイライラや目のかすみ、頭痛や腹痛などの症状が現れます。ひどくなると意識を失い、けいれんを起こすこともあります。放っておくと命の危険にまで及ぶ場合もあるので、早目の医療機関の受診が必要です。

 

 

低血糖で便秘になることがあります
この疾患は自律神経の働きによる症状です。 体がエネルギー不足となっているため様々な症状を引き起こします。 自律神経が乱れ、体の機能がうまく働かなくなるのです。 そのため便秘になることもあります。 腸の働きがスムーズでなくなり、便秘の原因となるようです。

 

 

低血糖と便意の症状
全ての薬がそうですが、糖尿病の薬には効き目が思った以上に強く出てしまった場合、この疾患になってしまうことがあります。またたとえ少量でもアレルギーやアナフィラキシーショックのような強い症状が出てしまう場合もあります。アナフィラキシーショックは口が渇く、しびれる、また動悸、尿意や便意などの症状が現れたり、皮膚の発疹や呼吸困難などに至ります。症状が出たらまず医師に相談しましょう。

 

 

糖尿病薬の中には薬の副作用で低血糖やおならがよく出ることあります
糖尿病の薬には小腸からの糖の吸収を遅らせるという薬があります。これはインシュリンが遅れて分泌されても間に合うように、血糖値の急激な上昇を防ぐ薬です。しかしこの薬は血糖降下の作用が弱いため、他の薬と併用されることが多いです。それによりおならがよく出たり、低血糖の副作用が現れたりします。低血糖の症状が現れたら、砂糖ではなく吸収の早いブドウ糖を内服します。