低血糖と貧血の違いからわかること

低血糖と貧血の違いからわかること

ページ内更新情報 

低血糖で交感神経症状を起こしたらどうする
以降を更新しました。 


低血糖がめまいを引き起こす理由

空腹になると、めまいや目が回ることがあります。 これは、空腹時には低血糖となり、血液中の血糖が不足したために生じる症状です。この症状は、食事を取ることで改善されます。 但し、空腹を認識できる場合は良いですが、忙しかったり、何かに熱中していて空腹を認識できずにいると、低血糖状態が長く続き、危険な場合もあります。

 

低血糖時のめまいを甘いジュースで対処の画像
低血糖時のめまいの対処法について
この疾患になるとめまいやふらつき、脱力感などの様々な症状が現れます。 また、低血糖の状態が進むと昏睡状態に陥る場合もあるため低血糖が起こった場合には早急に砂糖を舐める、甘いジュースを飲むなどの対処が必要です。

 

 

低血糖と貧血の違いからわかること
この疾患と貧血の症状は似ていますが、足りていないものは違います。この疾患の場合だと体の糖が足りていないために起きています。 貧血だと脳への血液が足りていない状態になっています。それぞれ違うものですので、対処の仕方は変わってきます。 間違った対応をしてしまうと、症状が改善されることがありません。

 

 

低血糖・低血圧・貧血の原因
この疾患・低血圧・貧血は、体質だからとあきらめる人が多いですが、「鉄分」が不足していることによって、血液循環がうまくできなくなることが原因の場合が多いです。他に、生活習慣の乱れも原因のひとつといわれています。

 

 

低血糖症状には2種類あります
低血糖症状は意識の混乱・おかしな行動・集中力の散漫などの(自律神経症状)と空腹感・発汗・震えなどの(中枢神経症状)とに分けられます。血糖値が急激に下がる時は自律神経症状が強く、血糖値が緩やかに下がる時は中枢自律神経が強く出ます。

 

 

低血糖で交感神経症状を起こしたらどうする
この疾患が急激に低下すると交感神経症状を起こします。動悸や手のふるえ・発汗・頻脈などブドウ糖欠乏による症状が現れ、軽い場合は砂糖やブドウ糖が含まれる食品をとることで改善されることがあります。改善されない場合は医師の治療が必要です。

 

低血糖による眼底出血の画像
低血糖による眼底出血について
この疾患とは血糖値が正常値の範囲よりも低い状態の事で、これによって様々な症状が出る事があります。その一つに底出血というものがあるのですが、これは血糖の変化等に血管が耐えられず脆い部分が破れて発生します。ただしこの疾患による眼底出血は基本的に、血糖の変化が急激に起こった時に起こりやすい症状になります。

 

 

高齢者の糖尿病患者の瞳孔不同
高齢者の糖尿病患者の急性期合併症に伴う昏睡の場合には、この疾患によるものと高血糖によるものがあります。 高血糖が原因となる場合には、左右の瞳孔径が異なる瞳孔不同が見られることがありますので、ぱっと見の判断における指針になります。

 

 

陽の光をまぶしいと感じる機能性低血糖症について
この疾患とは血糖値が正常値の範囲よりも低い状態の事を言い、その種類の一つに機能性低血糖症というものがあります。このタイプはストレスの蓄積等によって、血糖のコントロールが上手く出来なくなって発症します。具体的な症状としては陽の光をまぶしいと感じる、強い疲労感や集中力の低下を感じる等があります。

 

 

低血糖症では、目がかすむや頭痛など複数の症状が出てきます
目の乾きや目の奥の痛みに目がかすむなどの症状がありましたら、低血糖症の症状かもしれません。 この疾患は血糖値が安定しない症状で、上記で書かれた症状の他にも頭痛や腰痛などの複数の症状が発生しますから、早めの病院の受診をおすすめします。