低血糖は意識低下や気絶やけいれん等で倒れる危険性があります

低血糖は意識低下や気絶やけいれん等で倒れる危険性があります

 

低血糖の意識低下がおこる可能性
お腹がすくと震えや汗がでる、という人がいます。これは、低血糖による血糖値の変化によって起こるものと思われます。症状がひどい場合は、意識低下がおこる可能性があり注意が必要です。このような場合は、砂糖やジュースを取ります。意識低下が激しい時は、迷わず医療機関にかかる必要があります。

 

 

動こうとしてもなかなか動けない低血糖症
倦怠感や脱力感がひどく、動こうとしてもなかなか動けないという人は、低血糖症の可能性があります。低血糖症はそのまま放っておくと症状が悪化し、やがてうつ病になってしまうなどの恐れもあるので、早めに病院を受診するようにしましょう。

 

 

低血糖の意識消失等が起きる
低血糖とは、血液中の糖が減少し過ぎた状態の事を言います。低血糖の症状は、血液中の糖の量によって変化していきます。まず最初は頭がボーとする、イライラする等の症状が出ます。更に糖の量が減少すると、眩暈や脱力感等が現われ、ひどくなると意識消失等が起きる場合があります。

 

 

気絶やけいれん等が起きる
低血糖とは、血液中のブドウ糖の量が少なくなり過ぎている状態の事を言います。現われる症状としては、軽度であればイライラや不安感、冷や汗等です。これが重度になると、眩暈や集中力の低下等が起こり、最終的には気絶やけいれん等が起きるようになります。

 

 

低血糖で倒れる危険性について
糖尿病の方は、血糖値が高いイメージがありますが、インスリンの分泌がうまくいかず、血液中の糖分が少なくなることがあります。いつものように食事が取れなかったりして低血糖に陥る場合があります。その時は、倒れる危険性もあります。