低血糖によるさまざまな体の痛み

低血糖によるさまざまな体の痛み

低血糖による肩こりについて
低血糖に伴う症状は様々ですが、その一つに肩こりがあります。低血糖の際に体内から分泌されるアドレナリンは血管を収縮させるため、血液の循環が阻害され肩こりが起こるのです。単なる「肩こり」として軽く考えず、同時に疲労感が続く等の症状がある場合は、一度医師の診断を仰ぐ事も重要と言えます。

 

 

背中の痛みなどの症状があるなら、低血糖症かもしれません
低血糖症だと自立神経系のバランスを崩してしまうため、いろいろな組み合わせの症状が起こります。 病院で精密検査しても異常が発見できない場合が多く、背中の痛みに手や足のしびれなども低血糖症の症状です。 それでも早めに病院へ受診しましょう。

 

 

低血糖状態から足がつる
激しい運動の後は体内のミネラルや糖分が減ってしまい低血糖の状態になることがあります。その結果足がつってしまう方も多くいます。そこで、足がつるのを防ぐためにも適度に糖分やミネラルを補給しておくことが必要です。

 

 

低血糖症になると腹痛などに悩まされる
よく糖尿病の治療のためにサプリメントを利用する人がいますが、服用する量を間違えると低血糖症を引き起こすことがあります。 低血糖症になると腹痛などに悩まされることがあるので、そういったことを防ぐためにもサプリメントを服用する時には十分に注意する必要があります。

 

 

頭痛や腰痛など複数の症状があるなら、低血糖症かもしれません
低血糖症とは血糖値の低い状態が続いたりするなど、血糖値の調整がうまくできない症状です。 それにより頭痛や腰痛に背中の痛みなどの複数の症状が起きます。 病院で精密検査を受けても発見できないことも多くありますが、早めの受診をおススメします。