糖尿病の疑いは病院の何科に行けばいい?

糖尿病の疑いは病院の何科に行けばいい?

 

糖尿病の疑いは病院の何科に行けばいいのか
糖尿病の疑いがあると感じたら、病院の何科に行って、どのように相談すればいいのでしょうか。答えは、「内科」です。まずは内科で尿検査と血液検査をしてもらいましょう。そして、疑わしいと思った症状をそのまま伝えましょう。お医者様から、その後の治療に必要なアドバイスを頂けます。

 

 

糖尿病の疑いがある症状について
糖尿病の疑いがあるのは、次のような症状が考えられます。急に体重が何もしていないのに落ちてしまったり、しきり多量の尿が出たり、喉が乾きやすくなったりします。少しでもおかしいなと思ったら医師に相談することが早期発見につながります。

 

 

糖尿病の疑いのある時の検査
糖尿病の疑いがあると、様々な検査が行われます。血糖値を測る血液検査などもあります。その一つに尿検査があります。通常でしたら、尿にブドウ糖がまざることはないのですが、結果、糖が入っていたらこの病気の疑いがあります。

 

 

糖尿病の疑いがある人は保険に入れるのか
糖尿病の疑いがあり、すでに病院で治療を受けている場合には、告知が必要とされている保険に加入することは難しくなります。もし、この病気の疑いがあることを隠して加入しても、告知しなかったことが判明すれば、保障を受けられなくなる可能性があります。疑いのある人が新規に保険に加入するなら、告知不要の保険を選択しましょう。

 

 

糖尿病の疑いがある時には食事を改善しましょう
糖尿病の疑いがある人は、日々の食事を改善して体調管理に努めましょう。特に糖分の取り過ぎには細心の注意を払う必要があります。糖分は消化吸収が早く、血糖値を急激に上昇させる作用があります。甘味はカロリーオフのものを選ぶなどの工夫が大切です。

 

関連ページ

自覚症状で受けたことがない割合
厚生労働省の調査でわかる糖尿病の自覚症状を知って予防、他覚症状とは?血糖値が高くなっている?自覚症状と低血糖、糖尿病が強く疑われるにもかかわらず病院で治療を受けたことがない割合とは?食べても食べても空腹感がつずくを解説してます。
3大合併症とは目、腎臓、神経系の疾患
糖尿病の3大合併症とは?糖尿病になると糖尿病性網膜症になる、糖尿病腎症が原因で人工透析が必要になる、低血糖になると死亡する恐れも、糖尿病網膜症のほかにも、糖尿病の時は緑内障、白内障といった病気が引き起こされるを解説してます。
目の症状
糖尿病の症状と目の血管、目のかすみ、目やに、目の充血と眼底出血、眼科に見てもらうこと、糖尿病網膜症、網膜剥離、眼底出血、目の血管がつまる、目の出血、糖尿病の合併症、やたら喉が渇く、手足がじびれる、網膜への酸素や栄養が不足を解説してます。
1歳〜20歳の若者の糖尿病の症状
若者の糖尿病の症状、若い女性と若い男性の違い、10代の中学生の糖尿病の症状、高校生の糖尿病の症状、20代の症状、妊娠糖尿病にかかる?急速な病状進行が見られる、やせ形の人でもなる場合があります、自己免疫疾患が原因を解説してます。
足に現れる症状
糖尿病の神経障害で足が痛い、手足のしびれ、足のむくみがでます、足のかゆみ、糖尿病の三大合併症足の壊疽、糖尿病神経障害である抹消神経障害を発症、傷が治りが遅く化膿することがあります、足先や手の感覚が鈍くなるを解説してます。
1日の糖質の摂取量と制限食
1日の糖尿病の糖質量の摂取量と制限食、糖質の過剰摂取は糖尿病のリスクが高まるので注意、糖尿病治療は摂取エネルギー量を制限、糖質制限食とは、合併症がつきもの、血糖値を上げない食事、肉や魚、卵などのタンパク質を中心とした食事を解説してます。
糖質制限がある人でも果物や野菜は?
糖尿病には糖質は良くないが、果物は適度に食べても良い?バナナ、みかんの糖質でも血糖値はあがる?糖質と塩分を含まないトマトジュース、糖尿病予備群の人は緑黄色野菜を食べると良い?果物は果糖を含んでいるので良くない?を解説してます。
発疹などの皮膚症状
皮膚のかゆみについての糖尿病の症状、皮膚炎や腎臓などの合併症、じんましんや発疹が起きる可能性があります、足のむくみや湿疹そしてかゆみは初期症状として出る、糖尿病患者は身体の免疫力が減少している、細菌が入り化膿してしまうを解説してます。
8の飲み物とその糖質量
糖尿病でも飲めるビールとして、糖質0ビールがあります、他のアルコールと比べてビールの糖質はどれくらい?ココアに含まれる糖質量、トマトに含まれているリコピン、緑茶、紅茶、コーヒー、水、ビールには糖質が多く含まれる、糖尿病の飲み物を解説してます。
前兆の症状は
糖尿病の症状の前兆、目の前にカーテンのようなものがある、合併症も恐ろしい、壊疽の兆候、糖尿病の予防は、空腹になり苛立つ、むくむ、喉が渇く、常に体がだるい、生活習慣の見直しが重要、動脈硬化などの影響、糖尿病の予防を解説してます。
糖質制限でも炭水化物はいい?
糖尿病の糖質制限でもパスタを食べるには、糖質の素となる炭水化物、お米、おから、多く取り過ぎた糖質・脂質、重症になってくると制限する、適切な食生活を実施、糖質の素となる炭水化物、食物繊維が豊富で低糖質な食べ物とは?を解説してます。
糖尿病を患ったスポーツ選手
元日本代表MF木村和司さんは監督時代から糖尿病を患っている、クラッシャー川口選手の引退の理由、バイエルン・ミュンヘンのMFアルトゥーロ・ビダルの息子、アルフォンソ君は糖尿病、元巨人のビル・ガリクソン氏が糖尿病に罹患しているを解説してます。
糖尿病を患ったプロ野球選手
MLBカージナルスの元エース、ホアキン・アンドゥハーさんは、糖尿病の合併症、元メジャーリーガーのルー・ブロックさんは2型糖尿病を発症、1型糖尿病と闘う阪神の岩田稔投手、元巨人のビル・ガリクソン氏が糖尿病に罹患している模様を解説してます。
糖尿病を患った芸能人
糖尿病を患った芸能人の高島忠夫さん、、矢吹健さん、林家こん平さん、ジョー・ジャクソンさん、、インスリン注射を始めるまで、2型糖尿病、1型糖尿病の方の希望、アルコール性臓器障害を解説してます。
糖尿病を患った俳優
糖尿病の高島忠夫さん、岸部四郎さん、津川雅彦さん、梅宮辰夫さん、アレック・ボールドウィンさん、毎日チャーハンやラーメンばかりの食生活、糖尿病を患った俳優を解説します。
糖尿病を患ったミュージシャン
THE BOOMベースの山川浩正さんの1型糖尿病、1型糖尿病の3人組バンドの1−GATAの歌手、ブルースギタリストのB.B.キングさん2型糖尿病、レミー・キルミスターも糖尿病、イベントを欠席する、インスリンの注射が欠かせない難病を解説してます。
糖尿病を患った芸人
多発性硬化症という難病を患った林家こん平さん、壊死した足を切断、糖尿病性腎症になり腎不全を発症したグレート義太夫、糖尿病性腎症のため93歳で亡くなられた秋田Aスケ、糖尿病からくる多臓器不全で亡くなった綾小路きみまろの実母を解説してます。