糖尿病患者の血糖値データをApple Watchに表示するアプリ

糖尿病患者の血糖値データをApple Watchに表示するアプリ

 

もう血を流さなくていい・糖尿病血糖値データをアプリが表示
糖尿病患者さんは、日々変動する血糖値をきちんと把握しておかなければならず、毎日の血糖値測定には医師の指導のもとにフィンガーブリック法という方法が取られています。

 

検査の画像
フィンガーブリック法とは?
この検査法では、細かい神経が通っている指に直接針を刺して採血するため、特に小さい子どもの糖尿病患者の場合、痛みが精神的ストレスにもなっています。そうしたことを憂慮し、米医療器メーカーDexcomは、これまでも血糖値測定に関して多くの研究をしてきました。

 

 

血を流さず血糖値を測定する方法
例えば絆創膏サイズのデバイスを指先に装着し、それをクラウドシステムと連携させることによって、血を流さず血糖値を測定する方法などの研究です。しかし開発は進んでいるものの米食品医薬品局FDAの審査基準を通らず、残念ながら市場販売の許可はされていません。FDAは医薬品および医療機器に関して、その許可を行う絶大な権限をもっており、これまで医療機器メーカーに対する規制も厳しいものでした。

 

 

医療系アプリは登録制に
ところがこの度、医療系のアプリは医療機器には含まれないという見解がもたれたことにより、医療系アプリは審査制ではなく登録制となりました。このことによって、糖尿病患者の血糖値データをApple Watchに表示するアプリが市場に出ることがほぼ確定したのです。

 

 

Apple Watchで手軽に確認
このG4 PLATINUM Systemでは、腹部の皮膚下に小さなセンサーを埋め込み、5分ごとに血糖値を測定します。測定された結果はレシーバー部に送信されますが、その血糖値データをインストールしたApple Watchで手軽に確認することができるのです。これでフィンガーブリックのように測定のたびに痛い思いをする必要がなくなったというわけです。

 

 

医療系アプリを審査制から登録制に変更した理由
FDAが医療系アプリを審査制から登録制に変更した裏には、糖尿病の子どもをもつ開発者の署名運動などが功を奏したとも言われています。日本でも血糖値測定時に痛みを感じないよう、採血せずに測定する方法が大学の研究室で開発されています。

 

 

痛みなく血糖値を測定する方法
唇の内側の粘膜に遠赤外線を照射することで、痛みなく血糖値を測定する方法などがそれです。この方法では、採血による測定値との誤差も少ないと報告されています。しかしこれは医師の指導のもとに測定しなければなりませんので、Dexcom製の血糖値データをApple Watchに表示するアプリの方が実用性が高いと言えます。こうした血糖値測定アプリの研究開発が実用化されていけば、糖尿病患者さんが血糖値測定時に受けるストレスも軽くなっていくことでしょう。