糖尿病予備軍とは血糖値が正常な場合よりも高く糖尿病よりも低い事を言います

糖尿病予備軍とは血糖値が正常な場合よりも高く糖尿病よりも低い事を言います

 

糖尿病になる前の糖尿病予備軍とは
糖尿病予備軍とは、血液中のブドウ糖の値が正常よりは高く、糖尿病と診断される値よりも低い状態のことを言います。現在、、約700万人いると言われています。発病しないための予防が必要となります。

 

 

糖尿病予備軍の定義について
糖尿病予備軍の定義を簡単に言うと、血糖値が正常な場合よりも高く、糖尿病の場合よりも低い状態の事を言います。日本糖尿病学会の基準では、空腹時の血糖値が110以上126未満に属し、糖負荷試験後の値が140以上200未満の場合に、この軍に分類されるとしています。

 

 

糖尿病予備軍の基準があります
糖尿病予備軍の基準は、空腹時血糖が110mg/dl以上126mg/dl未満の場合です。また、HbA1cは5.9%を超えると予備軍と言われています。健康診断などでこれらの数値が高いと言われた場合には、注意が必要です。

 

 

糖尿病予備軍の特徴とは炭水化物をよく摂ることです
糖尿病の一歩手前と言われる予備軍ですが、このような糖尿病予備軍の特徴は炭水化物や糖分をよく摂るということです。このような炭水化物や甘いものは血糖値を上昇させるため、多く摂ることによって糖尿病になりやすい体になります。

 

 

糖尿病予備軍と糖尿病の違いは何か?
糖尿病予備軍と糖尿病、その大きな違いは完全に病気になったらもう、治る事はないという事です。 なってしまったら、治療や努力で血糖値が下がっても、食事の内容や仕方次第では血糖値が跳ね上がる事があり、生涯注意が必要だからです。この軍と糖尿病の違いは病気になってしまう前なら、努力次第で一生そうなる状況を回避できることです。 まだ大丈夫でなく、どうか今後のために自身のために、体を大事にして下さい。