糖尿病予備軍の近年の割合と年齢層

糖尿病予備軍の近年の割合と年齢層

 

近年の糖尿病予備軍の割合
糖尿病予備軍の割合は1997年には680万人だったのが、年々増えてき2007年にピークを迎え少しずつではあるが減ってきています。男性と女性だと男性の方が少し高い傾向にあるます。糖尿病予備軍の割合の半分以上が50歳以上であります。

 

 

糖尿病予備軍の人数はどのくらいか
糖尿病予備軍の人数は950万人以上と言われています。しかし、減少傾向にあります。健診が全国的に勧められるようになったことや、各人が意識を持つようになったことが考えられるからです。それでもまだ世界的には多い方だと言えます。

 

 

糖尿病予備軍の人口が増加している
糖尿病予備軍の人口は年々、増加していると言われています。しかし、国を挙げて健診を勧めるようになってからは、多少は減少傾向にあります。それでもまだまだ油断は禁物です。積極的に健診を受け、早急に対策を練る必要があります。

 

 

糖尿病予備軍の統計を参考にしてみよう
糖尿病予備軍の統計はインターネットで手軽に調べることができます。女性よりも圧倒的に男性に多いことが分かります。また、年齢的には50歳以降に増加していますが、最近は低年齢化が激しくなってきていると言えます。
荒木式糖尿病食事法30歳〜49歳の5の口コミとは?

 

 

 

糖尿病予備軍を合わせると1370万人以上
糖尿病予備軍が多くなってきていると言われています。その数を合わせると糖尿病患者は1370万人以上と言われており、これは大問題です。なぜ、このような人数になってしまったのかと言うと、現代的な食生活や運動不足などが考えられています。