糖尿病予備軍になりやすい人、なりにくい人

糖尿病予備軍になりやすい人、なりにくい人

 

糖尿病予備軍の食事について
糖尿病予備軍だからと言って何もしないと糖尿病になってしまいます。食事を気をつけることも大切です。まずは、血糖値を上げる白米やそばなどよ量をいつもより少なくすくことも大切です。高カロリーの肉類などもいつもよりも減らすことも大切です。

 

 

糖尿病予備軍の人が好きな食べ物は炭水化物が多いものです
糖尿病予備軍と言われた人は、共通して炭水化物を多く含む食べ物を好む傾向にあります。具体的には、白米やじゃがいも、かぼちゃ、お菓子などが挙げられますが、ビールやジュースといった飲み物を好む人も多いです。

 

 

糖尿病予備軍と言われたら食生活に注意が必要です
糖尿病予備軍と言われた場合には、食生活に注意をしなければ糖尿病になってしまう可能性があります。そのため、病院で血液データをみながら、炭水化物を食べ過ぎず、野菜を中心とした食事を心がける必要があります。

 

 

糖尿病予備軍は間食可能です
糖尿病予備軍の人の間食は、1日に100から150kcalが理想的な量です。糖分やカロリーが控え目なものが市販されています。急激な血糖値の上昇を抑えるものもあるので、選んで食べるようにすれば、糖尿病予備軍でも間食は可能です。

 

 

朝食を摂らない人は糖尿病予備軍になりやすいです
朝食を摂らないことによって、体の飢餓状態である時間が長くなり、昼食を食べた時に血糖値が通常よりもあがりやすくなります。そのため、朝食を摂らない人は摂る人と比べて糖尿病や糖尿病の予備軍になりやすいと言われています。